<< <訃報>春風亭栄橋さん70歳=落語家(毎日新聞) | main | <鳩山首相>検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認(毎日新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


直木賞 佐々木譲さんと白石一文さん 芥川賞は該当作なし(毎日新聞)

 第142回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が14日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、直木賞が佐々木譲さん(59)の「廃墟(はいきょ)に乞(こ)う」(文芸春秋)、白石一文さん(51)の「ほかならぬ人へ」(祥伝社)に決まった。芥川賞は該当作がなかった。

【候補作全リストをみる】芥川賞候補に大森兄弟、共作で初 直木賞は白石さんら6氏

 白石作品は、人を愛するとはどういうことか根源的に問う恋愛小説。表題作と「かけがえのない人へ」の中編2本から成る。配偶者や恋人とのズレてしまった関係をくぐりながら、愛すべき本当の相手をみつける姿を真摯(しんし)に描き出す。

 芥川賞の該当作品なしは第121回(1999年上半期)以来。

 贈呈式は2月19日午後6時、東京・丸の内の東京会館で開かれる。【棚部秀行、内藤麻里子】

 ■直木賞選評

 直木賞選考委員の宮城谷昌光さんは「佐々木作品は習熟度が高く、読んだあと、なんとなしによかったというところに香りがあった。白石作品は文体も構成力も優れている。現代の若い人が望んでいるものに応えた作品だ」と語った。

 ■芥川賞選評

 芥川賞選考委員の池澤夏樹さんは「長期的にみて、日本文学が低調とはいえないが、今回の5作品について、作者が何かを偏愛しているふうには感じられなかった」と話した。

【関連ニュース】
<書評を読む>どんなストーリーか…「ほかならぬ人へ」白石一文・著
<ものがたりに出会う旅>佐々木譲「エトロフ発緊急電」 釧路−根室 荒波の歴史に「もしも」
<関連写真>久々に芥川賞「該当作品なし」の張り紙
<2年前は女性が独占>直木賞・芥川賞:桜庭一樹さんと川上未映子さん

「借りたカネは返すな! 」著者逮捕=顧客に脱税指南容疑−さいたま地検(時事通信)
小沢氏、長崎でも熱弁…自民県連は糾弾の集い(読売新聞)
<掘り出しニュース>辛くて噴火しちゃう?激辛ソース「赤岳大噴火」販売(毎日新聞)
<強盗>名古屋の吉野家 食事の後に3万円奪い逃走(毎日新聞)
オウム元幹部・新実被告の上告棄却、死刑確定へ(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 17:04
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
携帯ホームページ
ライブチャット
探偵事務所
競馬サイト
ショッピング枠現金化
債務整理
探偵社
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM